井納の続投は首脳陣の英断だったという考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お前で勝たなければいけないんだ。
勝つ為にここを抑えろ。
そう聞こえてきそうな試合だった。

「井納の悪い癖」
どこかの解説者が以前言っていた。
4回の表、3番福留、4番マルテに対する連続フォアボール
そこからの連続被安打、4失点。
スタンドでは、「変えろ」「なんでラミレス出てこないんだ」
そんな言葉が飛び交っていただろう。

なんとか4点で切り抜け、直後の4回の裏に飛び出した、ロペスのソロアーチ。
さぁここから、ピッチャ-を変えて反撃だ。
そんな雰囲気が漂う中での、井納の続投。

この時のベンチ、首脳陣をこう考察する。

勝ち投手になるために投げてこい。

そんな思いをラミレス監督は井納にぶつけていたのではないか。

残りのシーズン、ポストシーズンも含め、ベイスターズの大切な先発右腕であることには間違いない。

それでも今日は気の抜けたような、もしくはちからが入りすぎているようなマウンド捌きに見えた。
そんな井納にラミレス監督なりの喝を入れたのではないだろか。

今日の悔しさとうれしさは、井納の今後に糧になるに違いない。
シーズン終盤での覚醒は、横浜日本一にはかかせないだろう。
その一人になってほしいと切に願う。

横浜優勝!筒香ありがとう。

投票お願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*