2019プレミア12の選出選手を予想してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プレミア12ってなに?

プレミア12とはWBSCに所属する国の上位12か国で優勝を争う、4年に一度の大会だ。WBCに並ぶ大きな大会だといえるだろう。

この国際野球大会は東京2020オリンピック予選も兼ねており、各グループ上位2チームが日本で行われる決勝ラウンドに進出する。

日本のブロックは、 グループB(チャイニーズタイペイ、日本、ベネズエラ、プエルトリコ) であり、予選から気は抜けない。

日本は現在、世界ランキング1位に君臨しているが、台湾はアメリカ、韓国に続く4位であり、強敵となるだろう。

台湾といえば、読売の陽岱鋼が国民的スターとしてされており、手ごわい相手となること間違いない。

引用:http://premier.npb.jp/2019/jp/

DeNAベイスターズ 秋季キャンプ実施決定

ラミレスDeNA、禁欲キャンプへ!夜間外出&外食ダメダメ

https://www.sanspo.com/baseball/news/20151106/den15110605000002-n1.html

ラミレス監督率いるベイスターズは今年度、沖縄県奄美大島で秋季キャンプを実施すると発表。メンバーは今後の発表とのことだが、プレミア12の選手は当然メンバーには選ばれないだろう。伊藤 裕季也や山本祐大など期待/成長必須の若手が選出されることとなるだろう。

プレミア12に選ばれる選出を予想

プレミア12は4年に一度の国際大会であり、日本が世界ランキング1位に君臨している大会だ。選抜されるのは容易ではない。

各球団の素晴らしい選手たちを抑えて、選手される選手は誰だろうか。考えていこう。

投手陣

まずは投手陣だ。

今永昇太、山崎康晃は今年の活躍を見ても間違いないだろう。石田健大も左の中継ぎという視点では、安定感は上位だろう。三嶋や国吉もいい成績を残しているものの、代表レベルかといわれれば難しいところだ。ということで、今永、山崎、石田の三名と予想する。

内野陣

内野陣だ。

ベイスターズで今年コンスタントに試合に出ている内野陣は大和と筒香くらいだろう。筒香は外野で考察するため、ここではペンディングとする。さて、大和だ。ショートというポジションは多くの選手がしのぎを削っている。坂本、源田、今宮。残念ながら、選ばれるといったらここらへんだろう。

外野陣

外野陣だ。

ベイスターズでコンスタントに試合に出ている外野陣は、筒香、神里、佐野、乙坂といったところだろう。筒香は今シーズンの成績はいまいち振るわないものの、経験と存在感、日本の四番であるブランドから選ばれる可能性が高い。神里、佐野はどうだろうか。センターというポジションは丸や秋山がいる。足のスペシャリスト的ポジションでも、近本のほうがふさわしいだろう。正直難しい。佐野が守るレフトライトは鈴木誠也など各球団の主力が守るポジションだ。サプライズ選考は考えられるが、少し難しいだろう。

まとめ

選考予想の結果、投手陣の三人(今永、山崎、石田)と筒香に止まる形になった。予想していて少し寂しくなった。4人も選ばれればいいのだろうか。サプライズ選考で佐野、神里、乙坂あたりが選ばれればうれしいのだが。

読売3連戦

エース今永から始まる読売3連戦。3タテしてゲーム差1としてやりましょう。

横浜優勝、がんばれ今永。

投票お願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*