Instagramでいいねの数が表示されなくなった本当の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagramでいいねの数を表示しない実験を実施

Instagramでは、現在いいねの数を表示しない実証実験を行なっている。これは、いいねの数を他人から見られなくする仕様であり、本人は確認できるとのこと。

いいねの数を稼ぐことがインスタグラマーの勝負軸出会ったために、どうしてこのようなテストが実施されているのか。疑問の声が上がっている。

なぜいいねの数を表示しない?

近年、Instagramではいいねの数を稼ぐために過剰な「映え」が問題になっている。

ある地方の風景を、過剰な加工を加え投稿し多くのいいねを稼ぐ。しかし、実際に訪れるとそのような景色は広がっていないなど。

Instagramというツールは、写真を通して人や場所を繋げることをコンセプトとしている。

いいねの数を稼ぎたいがために、偽りだらけのツールになることを危惧し、今回のようなテストを実施したと考えられる。

いいねの数は人を不幸にする

世界の偉人は対外的な評価を気にしていない

数年前だろうか。歌手のボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞した。

その際、彼は数週間表舞台に姿を表さなかった。

彼には誰かからの評価など、対して大切ではないのだ。表彰式にも興味がなかったに違いない。

承認欲求の塊と化する

いいねの数は、数値として表れる。そこが大いに危険なのである。

数値は以前より高いか低いか、比較ができる。比較され、以前より劣る、誰かより劣るというのは人間にストレスを与えてしまう。

承認されないことによるストレスなど、常に対外的なストレスに晒されることは決して好ましいことではないに違いない。

対外的なストレスは時に人を陥れる

地位と名誉を手に入れた有名人が、薬物に手を染め、社会的地位を失墜させることは、日本において多く発生している。

日本人は昔から集団生活を求められ教育されてきた。そのため、対外的なストレスに敏感になり、集団からはぐれないようにと生きている。すなわち、日本人は対外的なストレスに敏感であり弱い人種である。

有名人は多くの人から対外的なストレスを感じて生きている。そのような多くのストレスは時に人を陥れることとなるだろう。

人のスコアは最も危険

現在流行の下火となっている、スコア系アプリ。

人の年収や性格などからスコアを計測し、融資などに活かそうといったものだ。

たった一度の人生を、幸せに暮らしたいのであれば、人の価値を計測するといったことからは避けて生きた方が良いだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*